HOME > 解決事例

適用するだけで、プロジェクトの状況が手に取るように把握可能

プロジェクトで発生する問題は千差万別。さらに、問題に気づいたときには既に手遅れになっていることも多い...。DevCastは、プロジェクトの様々な状況に合わせて柔軟に適用することができ、問題の検出・解決に役立てることができます。

 

多くの開発者が参加する巨大な開発プロジェクト。仕様変更の伝達や水平展開の確認だけでも数百時間かかってしまうのが、進捗の妨げやコスト超過のひとつの要因となっていた。 また、成果物の品質がチームごとにばらついてコントロールが大変であった。
 

プロジェクトパトロール レビューサービス
構成管理
コンサルティング
PROMA-C DevNavi

構成管理の導入支援でデグレードを回避

ドキュメントがファイルサーバでバラバラに管理されており、 デグレードが慢性的に発生していた。そのため、構成管理サーバでの管理に切り替え、ドキュメントからソースコードまでを一元管理することで、デグレードの発生を改善。

プロジェクトパトロールで品質・進捗面の問題点をチェック

進捗・品質状況の自動出力レポートをベースに、毎週各チームの作業や成果物の状況をチェック。品質の悪い個所・進捗面での遅れを発見し、担当チームへ改善を即座に働きかけ。

分析的アプローチでリスクを早期検出し、問題予防

過去に発見した問題点の傾向を分析し、問題となるリスクの高い個所を特定。当社スペシャリストによるレビューで、類似の問題発生を予防。

C言語からJavaへの移行プロジェクトにおいて、高信頼性・高性能を求められる難易度の高いシステムであった。開発者のJava開発に関する経験不足も懸念点であり、非機能要件を満たすシステムが完成できるか、リスクが高かった。
 

レビューサービス 性能評価
プロフェッショナル
コンサルティング
JaTS
解決策

継続的なレビュー実施により、品質の作り込みを実現

JavaだけでなくJavaScript, SQLも含めたシステム全体のソースコードレビューをコーディング初期から継続的に実施。「線形検索」「リフレクションの多用」「メモリリークに繋がるロジック」などといった問題を多数検出。

ENdoSnipeを適用し、
試験の初期段階から非機能要件のリスクを検出

単体試験の後半からENdoSnipe を適用することで、「スレッド間のブロック多発による性能問題」「突発的なメモリ使用量の急増」といった、試験終盤まで検出が難しい性能面・安定性面での問題を早期に是正。

組織全体で問題点を共有し、再発を防止

「フレームワークの誤用」「スレッドセーフではないAPIの利用」など、検出が多い・影響が大きい問題について、類似問題の再発を防止するカルテを作成。他プロジェクトにも展開し、組織的に問題を予防。

リリース間近であるにもかかわらず、プロジェクトの完了が見えない。
要員を追加しても、進捗がなかなか進まず…
気がつけば開発規模が3倍になっていたことが分かった。
次期開発こそは見積り通りに収めたい。
 

プロジェクトパトロール PROMA-C DevNavi
教育サービス    
解決策

作業進捗をリアルタイムに把握

PROMA-C DevNavi にドキュメントとソースコードを日々登録するだけで、自動的に成果物の規模を計測。成果量の推移を毎日グラフで確認でき、プロジェクトの開発規模を常に把握。

プロジェクトの進捗・品質状況を定期的にパトロール

当社のエンジニアが、進捗・品質状況をチェックし、PM/PLのプロジェクトマネジメントをサポート。プロジェクト健全度を点数化し評価することで、弱点・状況の悪化にいち早く対応。

無駄なコーディングの抑制

PROMA-C DevNavi のソースコードの静的チェック機能で、クローンコードによる無駄な開発を自動的に検出。開発規模の増加の抑制、品質向上だけでなく、試験/問題対応工数も削減。