DevCastとは?

HOME > DevCastとは?

開発の失敗要因を自動検出し、プロジェクトの未来予測を実現 1.繰り返されるデスマーチ化を未然に防止する画期的な開発実践法

DevCast(デブ・キャスト)は、構成管理リポジトリにプロジェクトの情報を集約させ、その情報を基にリアルタイムに分析・問題の検出を行います。さらにその結果から、将来発生する可能性の高いトラブルの予測まで実現します。曖昧で属人的な報告ではなく、実際の成果物ベースの検証により、正確な問題検出を可能にし、結果、効果的にプロジェクトの失敗を防止します。

2.プロジェクトのニーズに合わせた段階的なレベルアップを実施

開発の状況に応じた段階的なサービス適用により、プロジェクトレベルの着実なステップアップをサポートします。

 
成果物のマスター管理、ベースライン管理を行い、常に成果物を取得/参照できるようにします。 成果物の欠陥を検出し、品質状況を把握します。 欠陥が混入した原因を分析したり、過去のノウハウにより類似的・潜在的な問題の検出を行います。 欠陥の発生/修正状況から、プロジェクトの将来状況を予測します。 発生する可能性の高い欠陥を、事前に特定・除去し、問題を防ぎます。
3.MAFAサイクルに沿った運用で、システム開発の定常的な改善を推進

ソフトウェア開発プロジェクトでは、「PDCA」サイクルが広く利用されています。しかし、プロジェクトの不確実性が高まっている現在では、最初の計画でさえうまく立てられないまま、失敗してしまうケースが増えています。

そこで、DevCastでは、現状からスピーディに改善に繋げていく「MAFA」サイクルを提唱しています。 このサイクルでは、リアルタイムで問題を検出・改善する「プロジェクトの自動監視アプローチ」を実現し、手遅れになる前にプロジェクトの失敗を回避させます。


開発プロジェクトの作業状況やシステムの情報をリアルタイムに
収集します。ツールに
よる自動化で、マネー
ジャや開発者に負担を
かけずに行います。
  収集されたデータを基に、プロジェクトの状況を評価します。
潜在的な問題の検出や、
問題の根本原因の特定
を行います。
予測の結果に対して改
善策を立て、プロジェク
トにフィードバックを行
います。改善の結果は、
次のサイクルで再評価されます。
  現在の問題傾向からプ
ロジェクトの将来予測
を行います。プロジェ
クトの失敗に繋がるリスク
も、事前に対処できます。